10歳若くなる美容の秘訣

ニキビ跡と乾燥肌ケア

中学生時代にニキビがひどく、しかも当時は「ニキビは潰すと早く治る」と信じていて、今になっていわゆる「クレーター肌」でとても悩んでいます。
5年ほどまえからサーフィンにハマり、日焼けもし放題でろくに保湿ケアもしなかった為、シミ・そばかすもひどいです。最近は冬になると乾燥して髪の生え際や頬までも皮がむけてしまうようになり、肌トラブルのオンパレードのような状態。
クレーター肌やシミ・そばかすが気になってあまり写真に写りたくなくなり、冬場には乾燥でお化粧すらパサパサになってしまうので、接客業なんてとてもじゃないけどできない状況です。クレーター肌が治せるけど乾燥肌には優しく、更にシミも抜けるようなスキンケアグッズがあったら最高なのに!と思います。
クレーター肌対策にはピーリング効果のある「AHAクレンジングリサーチせっけん」などを使用しましたが、ピリピリするだけであまり効果がありませんでした。シミ・そばかすは肌への刺激が少ない「NOV UVケアローションEX」の日焼け止めを塗ってこれ以上日焼けしないように努めています。
冬場の乾燥対策としては、なるべくお化粧をせずに過ごすようにし、夜の洗顔は洗顔料で皮脂を取りすぎてしまうのを防ぐためにお湯だけで洗います。お風呂上がりには海外で購入した「Vaceline intensive care Essential healing」でたっぷり保湿し、寝るときにはマスクをします。乾燥肌に保湿化粧水
そして食生活やストレスにも気を使って、バランスよく食べてストレスをためない生活を心がけています。

 

 

自分に最適なエイジングケアの方法

 

エイジングケアには、様々な方法があります。肌の表面から保湿を取り入れたり、アンチエイジングに効果がある化粧品を利用し、肌の細胞を活性刺させるという方法もありますし、生活習慣の見直しにより、運動を取り入れたり、睡眠時間をしっかりととるという事で、エイジングケアを行う人もいます。たばこやお酒も、老化現象に拍車をかけてしまうと言われている物ですから、老化防止の為に、たばことお酒はやめるという人もいますし、食事やサプリメントから、老化防止につながり食品を摂取するという事も良いでしょう。洗顔方法により、肌に優しく洗う事を意識するという方法もあれば、紫外線を防止するという方法や、甘い物の摂取を控えるという老化防止法もあります。毛穴が開いてしまうと、歳を重ねて見えやすくなってしまいますから、毛穴のお手入れを重点的に行うという人もいますし、マッサージにより、代謝アップを行う事で、老化防止を行う人もいます。
エイジングケアには、非常にたくさんの種類がありますし、上記の物だけではなく、まだまだ老化防止として取り入れる事が出来るような物はたくさんあります。1つのエイジングケアだけを取り入れるのではなく、複数のエイジングケアの方法を取り入れた方が、それだけ効果は高くなりますし、体の中から老化防止法を取り入れた方が、アンチエイジングに繋がりやすいと言われていますから、自分にとって取り組みやすい老化防止法を探してみましょう。


トップページ