何歳からエイジングケア

何歳からエイジングケアはすべき?

エイジングケアを取り入れる年齢としては、お肌の曲がり角と呼ばれる30代中盤にかけての頃が一番良いとされています。年齢肌となりやすい時期にお手入れを開始すると、非常に高い効果を期待することができます。
ですが、若い世代からエイジングケアを取り入れるという方法もあります。
若い世代から取り入れる事ができるアンチエイジングとしては、紫外線の防止や保湿となります。若い世代から意識して、アンチエイジングを取り入れていると、歳を重ねた時に、今まで何もお手入れをしていなかった人に比べて、年齢肌になりにくいですし、シミやたるみなども防ぐことが可能です。一度たるんでしまったり、シミやシワが出来てしまった肌は、簡単に元に戻すことはできません。場合によっては、改善することができないような年齢肌もありますから、若い世代から、アンチエイジングを取り入れるという事は非常に大切なのです。子どもの頃から紫外線を防止することはできますし、保湿は思春期を迎えたころから始めると良いでしょう。子ども世代は、親が意識して紫外線防止を取り入れて上げないと、紫外線を防止することは難しいと言われていますし、簡単な事ではありませんが、意識して紫外線防止を取り入れることで、歳を重ねてからの肌トラブルを抑える事が可能となります。特に紫外線は、浴びてしまうとリセットすることは難しいと言われている老化現象のきっかけとなる物ですから、できるだけ紫外線をカットした生活を送るように心掛けましょう。

 

エイジングケアをアンチエイジングの違い

 

エイジングケアと、アンチエイジングという言葉ですが、どちらも同じような意味合いで使われることが多いのですが、エイジングケアとは、年齢肌をお手入れすることを呼び、アンチエイジングとは、年齢に対抗するという意味を持ちます。
エイジングケアよりも、アンチエイジングという方が、より一層、老化防止に力を入れているという言い方となるのですが、化粧品には、アンチエイジングと言う言葉を使ってはいけないという決まりがありますから、化粧品には、エイジングケアと言う言葉を使われている事が多くなっています。エイジングケアと記載されている化粧品の場合には、若い世代に向けている化粧品ではなく、年齢肌を感じる世代から使う事ができる化粧品という意味合いが含まれていますから、若い世代の人が使用することはお勧めできません。若い世代の場合には、年齢に合わせたスキンケア用品を選ぶことが大切となります。
どちらの言葉もほとんど違いはありませんから、どちらの呼び名であるからといって、何らかの違いがあるわけではありませんから、意識して使い分ける必要はありません。
呼び名に若干の違いがあるだけで、効果が変わったり、しなければいけないお手入れのことを呼ぶわけではありませんから、その時その時に、呼び名が変わったとしても、全く問題はないのです。どちらが丁寧な言い方であるという事もありませんし、どちらの方が効果が高くなるという事もありません。


トップページ